やまだ労務サポートオフィス

ZOOMでのオンライン相談・電子申請手続にも対応します

ZOOMを利用したオンラインのご相談にも対応します

事業内容

人事労務のトータルサポートを行っています。

アウトソーシングのメリット

1.自社内人員の削減

貴社内での担当社員の雇用が不要になります。

2.専門性の向上

専門家が的確な業務を行います。 労働・社会保険関係と連動して管理することで、従業員情報の一括管理・運用が可能となります。
労働保険料申告・社会保険算定基礎届・月額変更・年末調整・賞与等にリンクしています。

3.法改正対応

関連法規(労働法・社会保険関連・所得税法など)の法改正に迅速に対応します。

4.機密保持義務

社会保険労務士には守秘義務が課せられております。
また、社内で情報が漏えいすることもありません。

5.経費削減

給与計算関連のソフト費用(初期費用及びランニングコスト)やシステムのインフラ整備が不要となります。 経費削減につながります。

6.経営に専念

労働保険や社会保険などの事務手続きを経営者または社員が行うと、大きな時間のロスが生じます。
各手続き業務をアウトソーシングすることで、経営または各業務に専念することができます。

7.コストの削減

労働保険や社会保険などの事務手続き業務のために社員を抱えるよりも、
社会保険労務士にアウトソーシングすることで人件費・他諸経費のコストを削減できます。
また、手続に要する時間(非生産活動)を、より経営上に必要な時間(生産活動)に移行することにより企業の成長に役立ちます。

8.トラブルの未然防止

専門的な知識が無く就業規則や賃金規定を作成すると、
社員とのトラブルが生じやすくなり、訴訟にも発展するおそれがあります。
また、運営実態と法律のバランスを法的な知識を元に構築いたします。
社会保険労務士に依頼することにより、多くのリスクを回避できます。

9.適切な事務処理

社会保険・労働保険の加入・脱退、各種給付金、助成金の請求など、
労働社会保険の事務手続きを的確かつ迅速に処理し、企業のリスク管理に役立ちます。
迅速な対応は他の事務処理にも好影響を与えます

10.情報網

法改正や助成金の情報は、待っていても入ってきません。
また、近年の雇用情勢も相まって、変更や修正が多発しています。
現に対応が遅れたために損害が発生することもよくあります。
社会保険労務士は労働関係諸法令や助成金の情報をいち早くキャッチし、提供いたします